iStock_000015900242_Medium

どんな修羅場でも乗り切れる!ピンチのときの対処法


ピンチになったときは、どうしてもパニックに陥ってしまいます。

そんなときは自己防衛本能が働いて「自分は悪くない」と思いたくなるのですが、それをそのまま口に出してしまったのがいけなかったですね。

この社長のようにピンチのときに自分の言動で首を絞めていくと、いざ困ったときに誰も助けてくれません。1万人の社員が路頭に迷うのを救った、山一證券の野澤社長とは大きな違いです。

こんなとき、ビジネスパーソンのあなたならどうするでしょうか。ピンチに陥ったとき、自分は悪くないと確信していても、人のせいにしても何も解決しないということはわかりますよね?

とはいえ、やはり人のせいにしてしまいたいという弱い部分があるのも人間です。実際私も仕事の場面やプライベートの場面でもこんな状況に陥ることはよくあります。そんなときのために、とっておきの方法をお教えします。

ピンチに陥ったときの自己分析と対策の立て方です。

まずは、心を落ち着けてゆっくり深呼吸をします。「大丈夫、解決できる。大丈夫、解決でできる」と心の中が落ち着くまで唱えます(目安としては3回以上唱えると心が落ち着いてくるようです)。

その次に「解決方法は自分の中にある、解決方法は自分の中にある」と再び唱えます。

心の中が落ち着くまで唱える

 

▼もっと詳しく知りたいなら