Woman in bed trying to wake up

体内時計という新しい軸


私たちが体内時計を最も自覚することができるのは、「睡眠」です。リズムがずれるとうまく寝つけなかったり、早く起き過ぎてしまうなど、睡眠は、体内時計の不調和が、はっきりと表れます。私はこれまで、睡眠のリズムを整えることで、仕事のパフォーマンスを向上させることを目的とした書籍を出版させていただいてきました。それは、睡眠という生理現象が、最も手軽に最も確実に体内時計を改善することができるからです。

睡眠で体内時計を改善

私の職業は作業療法士というリハビリテーションの専門職です。これまで、脳の治療を専門に臨床実践を行い、その中で、脳の治療には睡眠が重要であることが分かりました。脳の細胞や神経が増えるのは、ほとんど睡眠中だという事実から、患者さんの睡眠をコントロールすることで、脳の治療効果を高める取り組みをしてきました。

作業療法士とは、人が何らかの作業をしているときに、その人のもつ能力を最大限に発揮するために、医学を活用する専門家です。本書では、作業療法士の立場から、毎日忙しいビジネスパーソンが、より自分の能力を発揮できるように、その作業に最適な時間という視点から、生活スタイルを創造できる科学的な方法をご紹介していきます。

体内時計という新しい軸を使って、大きな成果を上げていきましょう。

 

▼もっと詳しく知りたいなら