アイデアを生み出した男

アインシュタインのように、天才的なアイデアを生み出せる方法があった


「これは他社でもやってるの?」

「はい、ホンダや日産でもやってます」

「じゃ、却下」

 

トヨタ1人勝ちの秘密がここにある。儲かる会社には儲かる理由がある。出世する人間には出世する秘訣がある。

その秘訣とはなにか?

 

他人のやらないことを考えること」にある。二番煎じは儲からない。いまの時代、一番乗りがごそっとマーケットを席巻してしまうのだ。あとはぺんぺん草も生えない。

言うは易く、行うは難し。アイデアや発想は突然、地から湧き、天から降ってくるものではない。どんどん発想が湧いてくる方法もあれば道具もあるのだ。

 

アイデアが閃かない人はこの方法を知らないだけのこと。方法と道具さえあれば、だれでも今日から天才アイデアマンに早変わり

 

かつてアインシュタインはこんなことを言ったことがある。

「想像力は知識よりも重要なんだ」

 

想像力は知識よりも重要なんだ

 

知識は知識のままではなんの役にも立たない。「歩くウイキペディア」と異名をとる物知りのくせに、仕事となるとからっきしダメなやつ。大切なことは現場で使えるように知識や情報を活用することにある。

 

これを「アイデア」と呼ぶ。

 

わたし自身、いままでアイデアを発想する力だけで人生を渡ってきた。本業のコンサルタントとして数十社の経営指導にあたり、物書きとして260冊の本を出し、連載を月間7本こなし、ついでに500冊以上のプロデュースまでしている。余暇には大学やビジネススクール講師として、出版・映画プロデューサーとして、その他、新聞、雑誌、テレビの企画などにもクビを突っ込んでいる。

それこそ、数え切れないアイデアを提案し続けてきた。ノウハウは山ほどある。この際、発想術のエッセンスを惜しげもなく大公開してやろうと考えている。

 

▼ビジネスに役立つ発想術を知りたい